DeloitteDeloitte

MENU

必要なのは、「深さ」と「広さ」。バランス感覚と想像力で信頼と評価をつかみ取る。必要なのは、「深さ」と「広さ」。バランス感覚と想像力で信頼と評価をつかみ取る。

吉田 竜太 ビジネス タックス サービス/シニアマネジャー
法人税申告書作成・アドバイス

スケールの大きな仕事を求め、
仙台から東京へ

前職は、仙台にある個人会計事務所でした。3年ほど経ち、お客様が地元の中小企業だったこともあって、大規模な案件に関わったりもっと専門性を高めたりしたいと思ったのが転職のきっかけです。新幹線で東京へ出てきて、Big4のうち2社の採用面接を受けました。当社は、面接で話をした数名の上司がとても気さくな方やスマートな方で好印象。業務内容に惹かれたのはもちろん、社風が自分に合いそうだと感じたことが決め手になりました。
入社してすぐは、M&Aチームへ。初めてのプロジェクトでは、お客様が有名上場企業な上に、買収対象も上場企業で、仙台にいた頃とのスケールの違いを実感しました。やりがいもすごくありましたが、2年ほど経ち、M&Aだけでなく、よりお客様と長期的な信頼関係を築けるような仕事にも関わりたいと感じるようになり、事業承継も担当する部署に異動させてもらいました。

税理士に大切なのは、
バランス感覚と想像力

最初の部署ではM&Aの専門性を高め、次の部署では仕事の幅を広げることができました。その後、ビジネス タックス サービス(BTS:法人税全般)へ異動しました。お客様との関係を築くなかで、徐々に信頼していただけるのは大きな喜びになっています。信頼されるために心がけているのは、まずスピード感。さらに、お客様からの質問に対して、ただYES/NOで答えるのではなく、電話して背景などを伺いながら踏み込んでいく姿勢を大事にしています。
今後身に付けていきたいのは、「バランス感覚」。税理士はお客様のために尽力しますが、一方でいくら要求されても脱税まがいのことはできません。お客様の真の課題を感じ取る「ヒヤリング力」と「想像力」を元に「バランス感覚」を磨き上げ、どんな方からも信頼される税理士になっていきたいですね。